切迫早産入院

切迫早産入院ブログ~妊娠17週から妊娠30週の入院記録~

ご訪問ありがとうございます。

切迫流産で絶対安静。妊娠16週から入院し、妊娠30週で娘を生んだひまわりです。

今回は、わたしの入院生活中に綴っていたブログの再掲載となります。

地獄の入院生活…

切迫早産で今まさに入院しているママにとっては、本当に苦しい時間であると思いますが。

今のわたしにとっては、あの「地獄の絶対安静」も、笑える思い出となっています。

切迫早産は、本当にひとそれぞれ…

私の経験は1人の経験談でしかありませんが、こんなに大変な人もいるんだ…

と、励み?にしていただければ…と思います。

妊娠17w3d 地獄の始まり

入院して5日目。。。

これまで安静に過ごし、順調に過ごしていた私でしたが

何となくお腹が張っているなぁ

と思っていたら、夕方からだんだん張りが強くなり、そのうち生理痛のような鈍~い痛みが。。。

なんか様子がおかしい…

とりあえず張り止めの薬を飲んで、様子を見たのですが一向におさまる気配がなく、結局「張り止めの点滴」を打つことになりました。

ここからが地獄の始まりで。。。

この点滴、副作用がきつくて。半端じゃない動悸と震え、全身の脱力。。。

頭も朦朧として、おなかが痛いんだか何なんだか。体中が苦しくて普通の判断が出来ない。。。

点滴が入っても、まだ、やっぱりお腹が痛い気がする

そのうち陣痛の始まりのような痛さがありモニターで確認。

痛みにも波がありましたが張りにもやはり波があったようです

陣痛。。。?!

点滴の量がどんどん、どんどん増えて…

それでもおさまらず、副作用も更に増して、息ができない。苦しい。。。

もう、この時には点滴の副作用の激しさで、完全に自分を見失っている状態。

点滴の量をMAXに近いほど入れても、まだおさまらず

追加で違う薬を点滴することに。

こちらは更に副作用がきつくて倦怠感やら吐き気やら。。。

尋常じゃない…。

これ、何。ホントに張りを抑えるためのもの。。。?

またしても量を少しずつ増やして。

恐怖に包まれて

もう、ダメかも。。。

一瞬そんな思いになってしまった頃、ようやく、ようやく、何とかこの陣痛みたいな張りはおさまりました。

一晩中副作用に苦しみ。。。(T-T)
朝になって、少し張りもおさまったし点滴はずしてもらえるのかなぁ~と思いきや

一度始めた張り止めの点滴は張り返しがくるのですぐには外せないそうで。。

えーー(;_;)

様子を見ながら、張りがなければ少しずつ少しずつ量を減らしていくそうです。

すぐに外してもらえるものだとばかり思っていた私はがっかり。

こんなキツイ副作用、これからずっと??

そんなの無理。。。
私が死んじゃうよ。

絶望感で一気に悲しくなってしまいました(泣)

看護師さんは「薬が体に馴染むから大丈夫よ~」と励ましてくれましたが。。。

こんな苦しみがすぐにおさまるとは思えず(x_x)

とりあえず今は点滴のお陰で張りは落ち着いていると思います。

苦しかったけどこの「偽陣痛」が病院で良かったです。

家にいる時だったら……と思うと。。。

危機一髪でした。。。。

妊娠18週5d:床上生活

あの騒ぎ以来、床上生活を送っています。

床上生活とは。。。

24時間ベッドの上から降りられない、出来る限りの時間、横になった状態で過ごすこと。

24時間つけっぱなしの点滴。もちろん、トイレも許されていないのでバルーン(おしっこの管)につながれています。

シャワーなんて言語道断。入れません(T_T)二日に一度体をタオルで拭いてもらったりシャンプーしてもらったりしています。

「排便」もベッド上で寝た状態でしなければなりません

( ̄□ ̄;)!!

こんな現実に直面するとは

涙しか出てきません(泣)

赤ちゃんのために。と一度だけベッド上「排便」しましたが

。。。

もう、絶対イヤ……

絶対にイヤ……

精神的にやられてしまいそうです。

こんな心理状態で過ごしたら、ぜったい赤ちゃんに悪影響がある。。。

絶対に!!!

拷問です、こんなの。

うんちのことで頭がいっぱいになり夜も眠れなくなってしまった私は

主治医に直訴。泣いて懇願。

なんとか、渋っっしぶトイレでの排便許可を出してくれました。

体の方はというと、看護師さんの言った通り薬に慣れてきて、だいぶ楽になりました。

とは言え、副作用はまだまだまだ辛いけど。。。

手もガタガタ震えて、普通にコップで水は飲めません。副作用で幻聴も聞こえます。

隣の部屋から爆音のテレビ音が聞こえてきて、夜うるさくてうるさくて…

がまんできなくなって、看護師さんに「となりの人のテレビの音うるさくて眠れないんですけど…」と伝えたところ、となりはいないよ…と。

幻聴だそうです。

もっとひどくなると、副作用で幻視もあったりするそうで…。へびが這ってる~と騒いでいた人もいるそうです。。。。

お腹の張りは、まだあります。

点滴の量は維持したままです。

この点滴、長期にわたって使うと肝臓に悪いらしく。。。

早く点滴を外したいところですがいつになるのやら。。。

今のところ全く先が見えず、このまま数値も下がらず点滴を外すことができないのではないか。。。と

毎日不安だらけです(-_-;)

石橋をたたいて渡りましょう、と主治医はていねいに治療してくださってますが。。。

これをしたら大丈夫!なんて、治療はないし

先生にだって正直、何が起こるか分からないですよね。

心配で心配で。。。

もう少し順調な時期が過ごせるような気がしていたので

まだこれからの長い道のりがどうなるのやら。。。

ヒヤヒヤです(*_*)

とにかく、一歩一歩です(–;)

妊娠19w2d

19週に入りました。

ベッドの上で、とにかく安静に過ごしていても、まだ張りがあります(+_+)

こんなに大人しくしてるのに。。。

せめて点滴で張りがおさまってくれていれば気持ちももう少し楽になるんだとは思いますが。

またぶり返してるんですよね(–;)

一日中横になっているのでお腹を何回も触ってしまって。。。

うん。今は張ってない、とか。今は張ってる、とか。

一喜一憂している感じ(>_<)

また、激しい張りがくるんじゃないかと…

かなり神経質になってるなぁ~、と思います。この状態じゃ、仕方ないけど。

ピンクっぽいおりものが昨日から少量出ていて、さらにブルー

ホントに毎日毎日ヒヤヒヤです(‘~`;)

ところで、話はかわりますが、切迫流産で自宅安静になる人って、ホントに人それぞれですよね。

私も色々気をつけていたつもりなんですが、こんなに早い妊娠週数で危うい状態になるなんて( ̄▽ ̄;)

でも、入院する二週間ほど前から息子の咳がうつってしまい激しく咳き込んでいたんです。。。

一旦出だすととまらない激しい咳が続いていてて。多分せきするたびに腹圧かかってたと思います。

それが原因で切迫流産したのでは!!!と、思ってしまいますが

先生はあんまり関係ないと思うよ~と。

でも、明らかに咳の度にすごい腹圧がかかってたし。やっぱり関係してるんじゃ。。。と、すごく気にしてしまいます。

妊娠したらもうちょっと健康管理を徹底しなくちゃいけなかったなぁ、と
今さらながら反省(-.-)

子宮頸管が短い妊婦さんは、感染しやすくなるようですが、膣の中に、明らかな悪い菌もいなかったようで、血液検査でもそれらしき炎症反応もなかったとのこと。

じゃあ、なんであんなことに…

ホントに……

今回は陣痛みたいな張りが点滴でおさまってくれて良かったです。

すごく強い張りだと何をしても止められないそうなんで。。。

ちょっと暗くなってしまいますが「最悪は免れたのだ」と前向きに考えたいと思います。

妊娠20週:呼吸困難パニック

今日、ようやく20週に入りました。

折り返し地点なんですよねー。嬉しいんだけど、出産までの先が遠すぎる…

入院生活、先生や看護師さんともだいぶ仲良くなり、慣れてきたのですが

相変わらずトラブル続きです…

点滴の量は今でも最初と変わらず。。。

はじめのうちは、一日一歩なんて言ってたのにな

お腹の張りが一日に何回もある今の現状じゃ、下げるなんてとても無理そうです。

今でのお腹の張りはけっこうあって、腹式呼吸が苦しいと感じるぐらいに、パンパンになる時もあれば、微妙に張ってるなぁ~、な時。

すぐにおさまったり、二時間くらい張りが続く時。いろいろですが、一言で言えば

張りは落ち着いてません!

点滴の副作用で、吐き気もあるし。悲しい…

そして先週は、三回も呼吸困難に陥って、とても怖い体験をしました。

意識を失い、倒れたため、膝やひじおでこなどを強打してあざだらけになってます(x_x)

三回とも夜中でした。一回目は、寝ている時に突然胸が苦しくなって息が出来なくなり次の瞬間、激しい吐き気。。。

オエェ~っと繰り返しているうちに今度はうんち出そうぅ~っ!と、大慌てでナースコールをして車いすでトイレへ。

半端じゃない冷や汗で体中べったべたになる程。

でもこの日は、トイレを済ませた後はケロッと元気になり

なんだったんだろー、今のは。。。って感じでした。

それが三日後、また夜中苦しくなって「まただ!」と思った私はすぐにナースコールをしてトイレへ。

部屋からトイレまでの移動の間もとにかく苦しくて苦しくて。。。

車椅子でトイレのドア前まで連れて行ってもらって、トイレに入ろうとしたとこで

記憶は途絶えてます。
↑ここで倒れて膝強打したみたいです(泣)

気づいた時には三人の看護師さんに「ひまわりさ~ん!」と呼ばれて、何とか現実に戻ってこれました。

何か夢見てた(*_*)

今、倒れたのよ!わかる?と、何とか部屋に連れ戻そうとする看護師さんたちでしたが、意識が戻った瞬間。。。

うんちしたい~っ!

となった私は、目の前にトイレがあるのに

行かせて~っ!と必死に帰るのを抵抗。

トイレの中に看護師さんと共に入り、慌てて便座に腰かけた瞬間。。。

またもや意識を失い倒れてしまいました(*_*)

もうダメ!帰ろ!

と言われましたが「出すもん出させてぇぇ~!」としつこく抵抗。

息ができない苦しい状況でしたが何とかスッキリ出すことができて、ようやく息苦しさや体中の異常な暑さ、動悸、冷や汗が一気におさまりました。

でも、この短時間にすんごい体力を奪われグッタリ。。。

その後も、ベッドで激しくおう吐して

結局。。。

当直の先生まで呼び出すことになってしまって、大騒ぎになってしまいました。。。。

血圧や酸素濃度、血液検査、心電図、と一応してくれましたが、どれも異常なし。

翌日、こんな初めての経験、二度も続いて、しかも原因が分からないんて怖いー(;_;)と訴えましたが

うーん。なにも異常ないしねぇ…。

。。。。。。

微妙な間

。。。。。。

「よしっ!忘れよう!」と、笑顔で先生。
↑ちなみに主治医ではありません。

おーーーいっ!( ̄^ ̄)

私のこの深刻な気持ち。。。
分かってないっ!!!(悲)

そして三度目は、やはりやってきました。

昨日の夜です。

また夜苦しくなってきたので、今回は冷静に。。。と5分ほどベッドに座って様子をみることに。

息苦しいなぁ。うんちしたい気もするなぁ。ナースコールしようかどうか迷っているところへちょうど看護師さんがきたので、出るかどうか分からないけど、とりあえず連れて行ってください、と今回は冷静にトイレへ。

ちゃんと車いすから自分の足で立ち上がり、便座に腰かけ

出た出た~♪良かった!

と、安堵した瞬間。。。。

うぅぅー。。。苦しい~っ!

また息ができないーーーっ!!!

また倒れてはいけない、と必死に便座に腰かけたまま壁に体を預けたのですが。。。。

またまたそこで一瞬吹っ飛んでしまいました

ひまわりさ~ん!

慌てて、トイレの鍵を開け、何事もなかったかのように装おうとしましたが……

おでこ痛いっ! (>_<)

真っ赤なたんこぶができていて流血。隠しきれず(;´д`)

結局、この夜も当直の先生を呼び出してしまうことになり、再び迷惑をかけてしまうこととなってしまいました。

うえぇーーん(;_;)

ごめんなさ~い。。。

なんだか手のかかる、お騒がせな患者で。ほんと、すみません…。

すっかり要注意人物になってしまいました

そんなこんなな一週間でしたが、何とか乗り切りましたーーー!

さらば5ヶ月~~φ(゜゜)ノ゜

妊娠21週:うんち会議

先週の呼吸困難&意識喪失の件以来、すっかりブラックな人物になってしまった私

時間帯によって交代する担当看護師さんはもちろんのこと、担当外の看護師さんや師長さんまで心配して来て「ひまわりさん、大丈夫~?倒れたんだって~?」と声をかけてくれました

がっちりマークされてるね

口数の少ない主治医H先生にも

「夜はあんまり出歩かないでね~。フフッ」と、さりげな~~~く苦笑いで忠告されてしまいました…

いやいや。。。先生冗談きついね…

お言葉を返すようですが、私だってお散歩してるわけじゃないんですよ。。。

でも、この件で看護師さんや先生方の間でトイレに行く時は

「個室の中まで看護師が付き添う」

という話し合いが成されたみたいです。

それを聞いた私は

断固拒否っっ!(*`Д´)ノ!!

無理無理ーーーっ!!!

人に見られながら排便する?!

それは、ないでしょ…

そんなんで出るもんも出ないよ!

絶っ対イヤ!!

発作の時はともかく、普通の時まで嫌だよ(*_*)

と、看護師さんに気持ちを訴えましたが話が平行線のまま。

心底しょんぼり。。。(;´д`)

で結局、看護師を通すより、直接の方がいいんじゃない?ということで、三者面談することに。。。

うんち会議( ̄ー ̄)

K先生(※主治医のH先生と一緒に毎朝回診に来てくれる先生。入院してからは、大体この先生が診察をしてくれているので私の中では、こちらの先生も気持ち的に主治医みたいな感じ。若いので直談判しやすい。)

それと、看護師さんと私。

お互いの主張はあるものの結論としては。。。

発作時のトイレは看護師さんがトイレの中まで付き添うこと。

ま、これは私も、赤ちゃんや自分に何かあってはいけないので納得。

そして、普通の状態の時は

中までは入らずとも、ドアの前で看護師さんが待機する

というもの。

うー。ドア一枚か。。。

普通の時は大丈夫だよ~!!正直、うんちぐらい自由に行きたい~!勝手に行きたい~!!ブリブリ、スッキリ出した~い!

ほっといてーーーっ!

…というのが本音だけど。さすがにそこまでは言えず。。。

すぐそこにいるのに、排便って…。

気持ち的に落ち着かない。。。

リラックスしてしたいよぉ(T_T)

これまでもトイレに行く時はナースコールをして、車椅子で移動。それさえストレスだった私。

だって、トイレに行きたい、と言ってから歩いたら10秒で行けそうなトイレに3分、4分。。。

車椅子での移動ってとにかく時間がかかるんですよね。

看護師さんが忙しい時なんてもっとかかる時もあって。

今、少しでも腹圧のかかる排便は「禁止」ということで、下剤(マグラックス)でかなり緩めに調整してるんですよね。。。

だから、すぐに行かせてもらえないとすごく焦っちゃう、というか緊張しちゃうというか。。。

突然、急激な便意がおそってくるので。

それに、さっすがに!

うんちは漏らしたくないし (ーー;)

だから自分で行かせてよ(-.-)と、いう感じになっちゃうんです。

今の点滴の作用として筋肉をすべて緩めていること。また、ずっと寝たきりの生活をしていること。

このことから、近い距離であっても 1人で歩くのは危険だから、と歩くことを禁止されてます。

シャワーも一切禁止で清拭。おしっこの管。それだけでも十分な制限があるのに…。

この上「排便」まで…。この必要以上とも思える看護と言うより「監視されている感」が、すんごいストレスなんですが

四人部屋での床上排便。。。

そんなことになるよりはマシか(*_*)

あれだけは、もう嫌 (∋_∈)

ちなみに人生初の床上排便は個室でしたが、それでも、あんな思い、もう二度としたくない!絶対イヤ!

先生方の立場としては慎重になりますよね。それも、頭では じゅうぶん分かっている

つ、も、り。。。

もう二度とこんな危ないことが起こってはいけない。

続けて派手に倒れてるし。

このおでこや膝、肘を見ればなおのこと。

お腹じゃなくて、良かった。傷もこの程度で良かった。もっと最悪なことが起こっていた可能性だってあったわけだし。

やっぱ我慢しなきゃね。

それはそうと…

おでこや膝を見て、息子にまで「ママ入院してるのに、何してるの?」と、厳しい突っ込みを頂きました…

ごもっとも(–;)少なくとも、サッカーはしてないよ

まったく、情けない。。。

でも、そもそもどうして呼吸困難が突然起こるんだろう。そこが何より気掛かりです。

決して検査で異常があるわけでもなく点滴や薬が原因でもない。

…だとすると、精神的なもの???

色々調べてみると、パニック症候群や不安症、過呼吸などがネットに出ていました。症状が二回以上現れた時に、疑われるようです。

症状がすんごく似ているんですよね。

また、ああなったらどうしよう。死んじゃったらどうしよう。。。と、自分自身でそういう思いにとらわれてしまうのが特徴みたいですが。それで死ぬことはないみたいです。

私も、一回目の時は生まれて初めての経験だったこともあり

死ぬぅぅーっ!
救急車呼んでえぇーっ!

と、思わず叫んでしまいそうな状態でした

……ここ、病院なんですけどね(ーー;)

若い看護師さんだったこともあり不安がup↑↑大パニックでした。。。

う~ん。。。

自分の性格とか今の精神状態を考えるとそこまで大袈裟な感じでもないような気がするんだけど。。。

いやいや!

こんだけ制限のある生活を強いられているのだから心のどこかで自分でも気づいていない強烈なストレスを溜め込んでいて、それがこんな症状として出てきたのかも!。。。

と思ってみたり。

とにかく、あそこまで苦しい思いをした原因を知りたい!

なので。。。。

きっと、今のわたしは自分が思っている以上に意外と繊細な人間になってしまっているに違いない!

よく分からないけど「ストレスが原因なんだ!」と、自分なりに解釈して、納得することにしました。

はじめにK先生が言っていた「忘れよう!」という、あの無責任的な言葉?!もある意味すべてを分かった上での発言だったか??

気にしないことが一番

そんな風に自分で解釈して、あれ以来、発作は起きてません

死なないなら、大丈夫!

そう自分に言い聞かせよう。

前置きが長くなりましたが最近の様子を報告します!

まずは点滴の量を下げてもらえたこと♪ちょびっとだけどね

でも三週間、足踏み状態だったので本当に嬉しい一歩です。

が、やはりおなかの張りは相変わらず…。結構パンパンが長いこと続くときもありすんごい恐怖(ToT)

点滴ですが、当初、一時間あたりの量ルテオニン4A28

(素人にはよく分かりませんがかなり濃いめらしい)だったのが→4A27

もう一種類の点滴マグセントは一度8に下げましたが、やはり張りが強すぎ、9のままです。。。

この点滴、いや、この「天敵」と早く縁を切りたい

でも、張りがおさまらない状態じゃ縁は切れなさそう。。。

今のところ、心配されていた肝臓への影響はないみたいですが、いつ悲鳴をあげるか分からないしね。

本当はやめたいとこですが。。。

あと、貧血ぎみらしく、いかにも「鉄!」って感じの色した注射を毎日しています。

妊娠22週:続く嘔吐。肝臓機能の低下

ついに!! 22週に入りました♪

まだまだ だけど

やっぱり、ここは一つの大きなハードルですよね

切迫流産から切迫早産へ。出産というゴール地点が「できた」わけですから…。

とりあえず「ここまで頑張ってきたね!」たくさん誉められました☆

ではでは。。。

早速、最近の様子を報告します

体調がすごく良い時とすごーーーく悪い時と激しく波があります

こまめに やって来る看護師さん達も一目見るなり

あらーいま、体調悪そうね。。。とか

絶好調でしょ??

と、私の体調の↑と↓はかなり明確なようです(・・;)

一日の中でも割と午前中は元気ですが午後、夕方、そして夜…

だんだん体調が悪くなり夜中なんか最悪です(*_*)とにかく気持ち悪くて。。。

まるで胃の中にレモンの汁をドバーーーッと入れられたみたいに(泣)

そんな時はお腹もパシーーンっと張ってて息も苦しくて……

結局

オェ~~~っオェェェ~~~っと、夜中に何度もおう吐している私

薄っいカーテン一枚ごしにさぞかしうるさいことと思います。。。

お隣さん、ごめんなさい(-_-)

抑えられないのよ。。。

点滴の作用で胃腸の動きが鈍くなっていることやずっと寝ていることで胃腸そのものが弱ってきているんじゃないかと、いうことでした。。。

お腹も大きくなってきているし胃が圧迫されて余計に、とも。

これだけ薬漬けだし胃薬ってのもな~ との、先生方の意見でした。

意外とストレス??

ふふっ(微笑)

と主治医が言ってましたが。。。

ふふ ( ̄ー ̄)。

そういうことにしときましょーかね…

朝の回診では体調すごくいいし。おそらく清々しい顔をしている私

夜中の惨劇がどうも伝わってない。

本っと苦しいのよ、先生ーーっ!何とかとかしてよ~~

の私ですが。。。

もっぱら、先生方が重視しているのは

お腹の張り…。そして血液検査の結果だけなのか???

…と思ってしまう( ̄ー ̄)

で。。。。

その、お腹の張りですが。 相変わらず、あります。

でも最近、お腹の張りに関して何なんだか。。。

ちょっと分からなくなってます( ̄▽ ̄;) …というのも張っている、と言って看護師さんに触ってもらっても

そんなにでもないよ~と言われたり…

パンパンで苦しいぐらいなのにモニター装着してからずーっとパンパンな状態だと張りの「波形」がでてこなくてモニター上 は「問題なし」だったり…

そもそも「張り」って何?

と正直 混乱。。。(>_<)

痛みや、張りに波が無ければそんなに気にしなくても良いのかい????

イマイチ分からず…

でも。。。明らかに柔らかい時と張っている時、お腹の固さが全然違うのよね、自覚としては。

だいだい張っているか、張っていないかの、二種類じゃたいがい看護師さんには「張っていない」と認識されてしまうし。。。

張りの強さはどーであれ、張っているのに「張っていない」と言うのはちょっと心配(・・;)

なので。。。

プニプニの柔らかお腹は0
パンパンカチコチお腹を10として

10段階のレベルで伝えることにしました♪うん。これでよしっ(^_^)v

ところで、点滴ですが。。。

ルテオニンの数値が劇的に下がりました。

今回は血液検査の結果、肝臓の機能が低下していることが分かり。。。

とうとう悲鳴をあげたね…
私の肝臓(*_*)

いきなり血液検査後の朝4A 27⇒4A 25へとスキップ……

そして、調子がよさそうだね(^^) と、これまで同様の張りを訴えたにもかかわらず

それに対しては完全にスルー( ̄* ̄)

たった数日間に結局……
4A 18ml/h までダウン↓↓

慎重に慎重に…。あんなに下げなかった点滴の量を見事に下げていく。。。

石橋をたたいて渡るのではなかったんですかーー??

なんか。。。

逆に心配なんですけど。。。そんなに肝臓悪かったの、私???

先生に聞いたところ

肝臓の細胞が壊れ始めてる、だって…。

こわーーーー。(T-T)
聞かなきゃよかったーっ(+_+)

ただ今のところ張りに関しては点滴が下がっても今まで通りなので「順調」と言えます(^^)

このままガンガン、バンバン下げておくれ~

そして…

肝臓の機能もUPしてくれ~~っ!

もうこれ以上、体を弱らせたくないわ~~

妊娠22週6d:赤ちゃんの大きさ。性別は女の子?!

入院していて嬉しいこと(^-^)

それは……赤ちゃんの心音が毎日聞けること♪

毎朝NSTで40分間ほどお腹の張りや心音を確認してくれるので

うんうん(*^.^*)今日も元気だね♪♪と、幸せな気持ちにさせてくれます☆

そして…何より楽しみなのが…腹部エコー☆お腹の中で動く我が子がリアルに見えて…なんとも かわいい♪

先生によって、見せてくれる頻度が違うようですが、私はだいたい週一回ペース。

外来妊婦さんは月一回の定期検診時だけですからね~。これは入院患者の特権☆

ただし、私の場合は腹部エコーの機械がある部屋まで「ベッドごと移動」してもらわなければならず。腹部エコーごときにかなり大がかりな大移動になります(・・;)

看護師さん達に申し訳ないです…

でも…やっぱ赤ちゃん見たい♪なので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

今日の測定では、赤ちゃんの体重は664gでした♪22w6dにしてはしっかりしてるね~!と。

1割ぐらいは誤差があるみたいですが。体重増加も楽しみです(*^^*)

性別は。。。。

まだハッキリ分からず^_^;

ついてないかんじかなー。。。とは言ってましたが

(^^)じらすね

もう一ヶ月も前からそんな感じなので、私の中では「女の子♪」…に なってますが。

とにかく、元気なのが一番!

こんな状況なのに、ちゃんと大きくなってきてくれて、嬉しいです♪

切迫早産入院記録:妊娠23週 筋力の衰え…歩行器?

23週に入りました♪着々と前進しています(^^)

一週間は本当に長いですが。。。
一歩一歩、大切に……。

息子と旦那さんが作ってくれた100日、日めくりカレンダーは残り85日になりました

なんか、それだけ見ると早く感じる!

カレンダーにはコメントが書いてあったり、絵が描いてあったりして毎日楽しみにしています(*^.^*)

思いが伝わってきて励まされます☆

さてさて。。。

先週は点滴(ルテオニン)の量をさらに下げてもらいました↓↓↓

主治医のH先生は学会で一週間不在…

だからK先生の独断です♪

フフフフフ……p(^^)q

お腹の調子もいいしドンドン下げちゃえ、下げちゃえ !!先週4A18だったのが、なんと!2A20まで下がりました!…って、分かりにくいですよね(^^;;

かるーく素人的に説明すると…

4Aは500mlの点滴液に4つのルテオニンを2Aは500mlの点滴液に2つのルテオニンを入れているようなかんじで。。。

2Aより4Aの方が2倍濃度が高いのです。

具体的には、4A15=2A30……とか。

??

そんな解釈したけど、私は…。とにかくよく分からないけど、順調に下がってます!ずっと足踏みしてた期間が長かっただけに、本当に嬉しい…

週末には肝臓も少し元気になってきたとのことでした☆

これまで点滴のせいで吐き気や、だるさ、何だか筋肉に力が入らなくて体の震えが少し残っていたり…

「薬中」状態だった私。

なーんかスッキリしない…

そんな体調不良がずっと続いていましたが、点滴の量が下がってくるとどんどん体が楽になってきました♪

顔の筋肉も何となく 強ばっていて笑ったり、話したりに違和感があったのですが…それも無くなり

口の方もかなり元気に(^^)

ひまわりさん、元気になったね~☆

と、看護師さんとも色々お話が出来るようになりました(^^)vやはり私にとってルテオニンは「天敵」だったようです

薬って怖いなぁ(;゜Д゜)と、思います。。。やっぱり副作用というか、影響は大きいんですよね。

薬の量で、母体がこれだけ体調に変化があるのだから、お腹の赤ちゃんにとって、この薬の量でどうなんだろう…

それは、本当に心配ですが…。

で。薬の量は減りましたが、まだかなりキツい胸焼けがあります…。

胃のあたりから、気管支あたりがすんごーーく酸っぱくなって。でも、ろうやらそれは点滴のせいではなさそう。

看護師さんに聞いたところ、もしかして、それは「つわり」かもしれないとのことでした

まだ、そんなにお腹も大きくないのに、すでに後半のつわり?!

結構、胃も痛いし腰も痛いし、7月半ばから続いていた咳もなかなかスッキリしないし……

もしや、変な病気じゃいよね(._.)そんあ無駄な心配をしてしまう。。。

とにかく!点滴の量が減って、一番心配だったお腹の張りも痛みがあるような強さになることはなく。それに関しては、ホントに良かった!!

お腹の張りで一喜一憂するのももう、疲れてきたしな。。。

1日数回ぐらいの張りは六ヶ月入ってるし、そんなもんか……て、ことにして(・・;)

正直なとこ…。これまで息子の時と比べるとかなり張りの回数も多くて張りの強さも強かったから、その度に恐怖だったんです……。

なんせ、すごい小心者だし。

でも、ビクビクしてても仕方ないし…と、ちょっと度胸がつきました。

。。。それにしても息子の時は、久々の大雪の年でもあって臨月まで、わっせほいせと雪かきをしてたんですよね。

今思うと…すごい妊婦だったなぁ~。近所のおっちゃん達が心配してた。。

そりゃ、そうだね(・・;)

今こんなことしようもんなら…出てきちゃうわ(>_<)

それに…今の衰えた私にはそんな力もないか。

床上生活も長くなり今では まるで老婆のように体は衰えております(ToT)特に、足の衰えは すごいです。ありえないぐらい細くなってしまいました。

筋肉が落ちるって、こういうことなのね

テロンっ…と柔らかくなった私のふくらはぎを触って「うわぁ~!カーテンみた~い!」と、大爆笑の息子。。。

( ̄□ ̄;)!!

純真な目で言われると心底傷つく

それはともかく。。。

こんなんで、赤ちゃん生まれてから私歩けるのかなぁ~と、素朴な疑問が湧き。。。

何気なく、軽ーい気持ちで先生に聞いてみたところ。。。

退院前にリハビリしなきゃいけないかもねーと。

リ、リハビリって?

歩行器使って、歩く訓練することになるかもね。まあ、それは後々ねー

と、真顔で答えてくれました。

( ̄□ ̄;)!! えぇっ!

歩行器使って歩く訓練…。そんなに衰えてるか、すでに私。想像したら、笑えるけど

やっぱ、笑えない…

なんだか、色々課題がありますね(泣)

後々ね。。。後々。今は忘れておきましょう……。

入院患者の本音:つらいよ…

床上生活が始まって、1ヵ月半以上が経ちました。

はじめは、ただただ 22週を目指して…

もし何かあっても、赤ちゃんの延命措置をしてもらえる、この週数目指して…

言葉では表現しきれない不安や恐怖を抱えながら…ひたすら「無心」に過ごしていました。

心の中にある 細い糸がプツン…て切れないように…

信じたり、祈ったり。。。

そんな感情さえも 消えたみたいに無心に過ごしていました…。

赤ちゃんを無事に生んであげたい!

それだけが頭の中にあって……

だから、自分の欲やわがままみないな感情があることには気付かなかったんですよね。。。

やっと22週を過ぎてから心の中にも少しだけ余裕ができて「不安以外」の自分の気持ちが見えてきました。

入院生活。。。

やはり、長くなれば長くなるほど何かしらの不満やストレスが蓄積されていくもの。

小さな「嫌だな…」が、自分でも気付かないうちに大きくなっていたりして。

安易に吐き出せる気持ちではないからこそ蓄積されてしまうんでしょうけどね……。

私の場合…ネックになっているのは「恥ずかしい」という気持ち。

自由が一切ないという苦しさ。

本音を吐き出せない環境。

このあたりが、大きいかな…と思います。

赤ちゃんのために、そんなこと言ってられない、出産までの期間限定の我慢

ゴールがあるのだから…と、頭では分かっているだけに

余計、ストレスがたまるのかもしれません。

先生方も、手探り状態だけど慎重に、丁寧に。。。細心の注意を払って、管理して下さっています。

お腹の中の赤ちゃんが無事に産まれてくるために…。

それが、みんなの思い。

その願いが、すべてです。

先生方、そして 看護師さん達が責任と、高い意識を持って 私に関わっていること。

充分に分かっているんです。

頭では。。。

心から感謝もしているし、尊敬もしています。

だけど。。。。

時々、すごく苦しくなっちゃうんですよね…

本当にここまでの制限が、赤ちゃんのため?必要以上じゃない??

そう感じでしまうこともあったり…

お腹の中の赤ちゃんのために…

ぎゅうぎゅうにぐるぐる巻きに。。。

私の体は みんなによって完全に守られている…

見られている…

管理されている…

でも、本音は………

とっても窮屈です。。。

苦しいです。。。

自分の体の状態が良くなればなるほど、自分の体の状態を一番分かっているのが私自身だからこそ

そこまで しなくても大丈夫だよ…。と、感じてしまうんです。

赤ちゃんのことを一番に考えて欲しい。

だけど…

私の気持ちも、大事にして欲しい。。。

24時間、今の私はベッドの上が生活のすべてです。プライベートは一切ありません。例え、カーテンで囲まれていたとしても。。。

大声で泣くことも、電話で本音を吐き出すことも

何もできない、空間。

四人部屋なので、どこかで気を使いながらの生活…

本当の意味で、一人になれる時間や空間は、ありません。。。

心の底からの安心も、ありません。。。

天井とピンクのカーテンに囲まれた景色がすべて…

窮屈な中での生活だからこそ、ささいな自由を制限されていることが

余計に苦しい…

だから…

一人でホッと出来る時間や空間。

ほんの数分でいいので

誰の目のない、自分だけの一瞬が欲しい

ベッドの世界から唯一出られる排便のためのトイレも、安全のために車椅子。

そして、施錠も禁止で、ドア一枚越しに監視される

精神的な窮屈さ

恥ずかしさ。

転倒して、お腹をぶつけたらいけない

母体にケガをさせてはいけない。

これは、第一に優先されること。

だからと言って私の「恥ずかしい」という感情はどうでもいいの??

静かにしていると大丈夫?とドアを開けて確認する人もいて…

看護師という仕事に対するプロ意識が高い人ほど責任感が強いが故の行動だと思いますが、やはり、踏み込んで欲しくないラインです…

私たちは、こんなの慣れているから、ぜんぜん何とも思ってないから

気にしないで 、してね…、と。

看護する側、患者

その立場は180度違います。

見る側、世話する側に「慣れ」が あったとしても見られる側に 絶対「慣れはない」。。。と思います。

シャワーだって、ホントは入りたい。

贅沢かもしれないけど流水に触れたいし、スッキリしたい…

シャワーさえできれば毎日の おしも洗浄もなくなるし…

清拭で裸にならなくてもいい…

見られる

お世話される

毎日の積み重ねで、それが精神的にかなり辛くなっています…

特に、二十代前半の若いナースが多いので…。

オシッコの管の交換もベテランナースなら、あっという間に手際よく済ませてくれるため無痛だし、恥ずかしさも最小限。

でも、若手だと 一人では出来ず…。付き添いの看護師に指導されながら
時間もかかり、そして 痛い。。。

恥ずかしい上に、痛さもあって…

大きな病院だから仕方ないです。若手を育てなきゃいけないし、ベテランだって最初はみな初心者で、練習を重ねてうまくなったんだから。

でも…

私を練習に使って欲しくない。

毎回 管の交換に若手が一緒に来てベテランが指導するなんて、嫌。。。

それが本音です。。。

普段、とても献身的で一生懸命働いている彼女達を見ているので…

そんな申し訳ないこと、当然言えないですが。。。

みんな突然ベテランに、なれるわけではないですからね…

すべての人生経験において……

赤ちゃんに会える日に、一歩ずつ近づいている今。

切迫早産での入院は、病気ではない。

ゴールが必ずある。

長い人生のうちの、ほんのちょっとの時間なのかもしれない。

ほんの数ヵ月なのかもしれない。

ほんの少し。。。

でも……

1日が長い。

ツライ。

苦しい。

重い。

我慢すればいい。「小さい嫌 」なんて自分でも気付かないふりをして、また無心に過ごせばいいじゃない…

と、思う自分もいるんですけどね…

精神修業です

切迫早産入院体験談:妊娠24週 出血

今日、24週に入りました~

\(^o^)/とうとう7ヵ月です♪

(…ToT…)おぉぉぉ!本当に嬉しい~っ☆

一日一歩。。。毎日がのんびり

だけど、確実に時を刻んでいるんですよねゴールに向かって!

22週を境に、私の心の中にあった大きな不安から、少~しずつ遠ざかっている気がします

まだまだ先は長いし、不安はいっぱいですけどね…

でも、進んでいる喜びを感じながら毎日を過ごせているかな…と思います☆気持ちの波はありますけどね~(..)

さてさて。。。

毎日のように急降下していた点滴でしたが…

連休前の金曜日からこれまた極端にペースダウンしてしまいました。

あんなにジャンジャン落ちてたのに~

お腹の張りに関しても調子良いし出来れば、こんな薬漬けな状態、一日でも早く脱したい!そ

こで、今度は。。。

しばらく夏休みで不在となるK先生に代わりに、学会から帰って来た 主治医のH先生にさりげなくプッシュしてみることに…

先生、最近 点滴 ぜんぜん下げてないですけど、今日下げないんですか?

………。

うーん。まぁ~、週末は そのままかなぁ~~(^^)

えっ??!! 週末??

いやいやいや……(/–)/

確かに週末は、何かあってはいけないので念のため数値変更しないのは 分かっているけど。

今日 水曜日。週のド真ん中!

そんな私の心の声が聞こえたのか、気付いての照れ隠しなのか「んー。じゃ、考えときますね~」フフっ …f(^_^;

と、お得意のスマイル スルー

結局、今回の直訴は失敗に終わりました。。。

残念……。( ´△`)

あ、でも結局 言葉通り「考えときますね~」のお約束を守ってか(笑)木曜、金曜で2A 20 ml/h ⇒2A 16 ml/h に。。。

んーーーー。

やっぱ、H先生はローペース。。。

慎重です。。。( ̄* ̄)

ところで、話は前後しますが。点滴ルテオニンの量が減ってから肝臓の数値も下がって(高いと良くない)気持ちも体もかなり元気になっていた私

ちょっと安定してきたし順調順調!なんて思っていたのですが…

連休最終日の夜、出血してしまいました。。。

(T_T) ちょっと気持ちが安定してきた矢先の出来事。。。鮮血だったので…
血を見た瞬間

ギョッとしました(∋_∈)

もうヤダよ(泣)一気にテンションもダウン

当直の先生に診察してもらうことに。。。

↑この先生、以前倒れた時にもお世話になった先生で。

明らかにまたお前かいの顔。

ハアァ~(;´д`)ごめんなさい。

もうこれ以上、ブラックになりたくないな…

今は流れ出るほどじゃないけど…。もしドバッと出たら言って下さい…

。。。。。!

ど、ドバッとって。。。

渋い声で…

しかも、ポーカーフェイスで…

怖いこと言うなーーー…(;-;)

あの陣痛の始まりみたいな張りと痛みがあった日。

あの日も、出血があって、そのうち段々ひどくなって。。。。

というかんじでした。

だから、またそうなるんじゃないか…。出血が増えていったらどうしよう…

気にしすぎるあまりお腹も痛いような気がするし(泣)不安で、怖くて。結局、夜は一睡も出来ず(´Д`)

いつも以上に小心者の私。

いくら22週を超えたとはいえ、まだ産まれるには 早すぎだよね

たった一夜であの悪夢のような日々に気持ちが逆戻り…

すっかり、憔悴してしまいました

(/。\)

そんな私の胸の内を知ってか知らずか

翌朝…

おはようございます!…と、軽快な感じでK先生登場。

私の出血の様子に

これぐらいなら、まぁ、いいでしょうっ!

と…軽~~い口調。。。

え????

私は心配で、一睡も出来なかったんですけど(>_<)

この軽い感じからして「大丈夫」と受けとりましたが……いいんですかね。

出血の原因とか、どこから出血してる、とか。そーいうの、調べなくて良いのかしら。。。

心配な気持ちを完全には拭いきれませんでしたが…(-.-)

大丈夫なのね。。。

取り越し苦労なら、それで よかったです…

気の小さい私としては、出血は本当にビクビクなこと(T_T)

もううヒヤヒヤな生活は勘弁して…

結局、なぜ出血したか?内診して…とかの確認はなかったのですが…

いつもK先生に入れてもらっている膣のお薬。先生がお休みだったため出血した その日は先程、話に出てきた「ドバッ」と発言の先生に入れてもらったのです。。。

それが なぜか、めっ~ちゃ痛くて。

それのせいじゃないかな?ってことでした。。。

ま、そんなことが原因なら痛かっただけだし、いいんだけど…

薬を入れてから出血に気づくまで結構時間があいていたけど、あんな赤いの出るのかな…。

とにかく……もう、出血は嫌です

(;´д`)

ナースの勘違い…

こないだ、こちらでもストレスについて少し触れされて頂きましたが…

最近、少しだけ 気持ちが疲れ気味だった私。

22週まで、ひたすら無心で歩き続けたからなぁ~

疲れちゃう時も そりゃあるか…。

そんな感じの中。。。

入院当初、MFICU(母胎集中治療室)で3週間過ごしたのですが、その時にお世話になったベテランナースが久々に私の部屋に顔を出してくれました。

結構 本音を吐き出せる看護師さんでMFにいた時も、色々お話したりして(^-^)

久々の再会に、話も盛り上がり。。。

「最近どーお?ストレスたまってるんじゃない?」なんて、このタイミングで言われたもんだから……

ついつい、わがままな本音が チョロリと出てしまいました。。。

トイレに関する監視や制限が入院生活で一番ストレスになっていることや
できればシャワーも浴びたいし…リラックスした自分の時間が欲しいな~的なことを話してたわけです(._.)

ちょっとワガママを吐き出したつもりで

言ってスッキリしたーっ!て感じだったんですけど。。。

行動の早い彼女は早速、主治医のH先生に私の希望を伝えてくれたようで。。。

数時間後には「とりあえず週一回だけどシャワーOK出たよ!」と、伝えに来てくれました。

以前、出産まで おしっこの管もとれないしシャワーもだめー!と、容赦なくK先生に あっさり、ばっさり!斬られていた経緯もあり(T-T)

やった~!!\(^o^)/

言ってみるもんだなぁ♪なんて、始めは単純に喜んでいたのですが。。。

その後、いろいろな看護師さんに

シャワー、入りたいですよね~~

今、どうやったらひまわりさんの体に「負担なく」「安全に」「最短で」シャワー浴びれるか、みんなで綿密な計画立ててますから~

などと口々に言われてしまいました。

なんか、話の様子からすると

なんだか とっても

「おおごと」に なっている

( ̄▽ ̄;)

しかも。。。。

私のストレスとなっている「要」の部分が完全にずれている。。。

主治医のH先生にも聞いてみたところ、まぁ、まだ24週ですから、シャワーは厳戒体制でっ…てことで。

と。

厳戒体制ね……。

私の望みはシャワー(お湯)で、体を洗いたかった…

そういう単純なことではなく(・・;)

ゆっくり、数分でいいから自分の時間がもてて、人に見られる窮屈さも感じず、心からリラックスする瞬間が欲しかったたわけで…

おしも洗浄とか、清拭とか…。看護師さんにお世話されて見られる恥ずかしさ、というストレスからちょっとでもいいから解放されたいなぁ…

って、ちょっとワガママを吐き出しただけ…のつもりだったんですが。。。

いくら22週を超えたとはいえ、お腹の赤ちゃんの安全が私の一番の願いですがら。

リスクをおかしてまでシャワー浴びたい~!などとは決して思っていない…

だけど、結果的に「シャワー浴びたい!!」というところだけが一人歩きしてしまったようです…

しかも…

彼女たちの計画とやらを聞いてみると…

一気に丸裸!

勢いよく 体や頭を洗い!

手際良く 体を拭いて 服を着せ!

はいっ!10分で シャワー完了~~っ!!

みたいな(ーー;)

かなりの強行手段。。。

なんか、違うんだけど…。

お湯かけりゃいいってもんじゃないのよぉ

(∋_∈)

結局、シャワーに関しては丁重にお断りしました。

ごめんなさい<(_ _*)>

色々と計画を立ててもらい、私の希望(かなりズレてたけど(–;) に一生懸命 答えてくれようとみんなで動いてくれていたのに。。。

。。。そこは、本当に感謝します(__)

結果、皆さんを振り回してしまうことに…

余計なことを言ってしまった。。。。

まだ、今は「時期」では無いんですよね(-.-)ちょっとしたワガママが安易に許されるほど。

ちょっと最近、点滴も減って体も楽になり、お腹の張りも おさまってきたので…。つい、気が緩んでいたのだと思います。

どんなに安定していても、やはりハイリスクであることには変わりない…

油断大敵なんです。。。

今は、やはり 我慢すること。

ただ時間が経過して、週数を重ねることが優先

赤ちゃんのために…

何かあった時に自分がとった行動で後悔しないために…。

…それが分かった一件でした。

そして…

安易な希望は口にしてはならぬ!

(@_@)

…という教訓になりました。。。

素晴らしき ナース!!!

ありがとう、ナース!

恐るべし ナース。。。

切迫早産入院体験談:妊娠25週 おっぱいが3つ

無事に25週に入りました♪

今日で9月も終わりなんですねー

ここまで囲まれ生活をしていると天気も季節も、昼も夜も…何か関係なくなってます(^^;)

時計さえも、いらない?!…ぐらいで(..)最近は。

でも、ちゃんと時間は過ぎているのよね。今週で、入院して2ヶ月!頑張ってきたな♪

7ヶ月に入ってからお腹の張りも だいぶ落ち着いてきて、やっと安定してきたかなぁ~と思います。

そんな状態を見てか…車椅子がOKとなりました\(^_^)/

これまでも排便時のトイレだけは車椅子だったんですけけど5mくらいの超短距離。

今までは体がベッドに くっついて いたから…

すごく嬉しいです♪(これ、経験した人にしか伝わらないと思いますけどね…)

感染予防のために小学生以下は病室まで入れないので息子との面会は陣痛室でしていたのですが、これまではベッドごとの移動。

腹部エコーの時もそうですが結構距離もあって大変なんです。

…って、私は寝てるだけですが(^_^;

土日は人手も薄いので何かとっても申し訳なくて…。心苦しかったんですよね。でも、これから車椅子OKなら 看護師さん一人でいいし気も楽だわ~♪

ひまわりさん♪先生から車椅子の許可もらったよ~!と言う看護師さんの言葉に

やったね~!と大喜び…

したのも束の間。。。じゃ!早速で悪いんだけど…久し振りに診察あるから診察室まで行こうね!。。。

診察かぁ。。。(-_-)

わたし、綿棒グリグリが痛くから大っ嫌いで…

仕方ないですけどね。。。

やっぱり痛かったな。。。

しかも、この綿棒グリグリを培養したら何か悪いのが いたのか。後日、毎日膣に入れているお薬が二種類に増えました…

ところで。話は全然かわりますが

先日、右脇に なにやら しこりが…

じつは、妊娠初期にも そのしこり気になっていて…

市の集団健診(乳ガン)で見てもらおう、と思っていたのですが妊娠していて受けられず(._.)すっかり忘れていたのですが

あれ???

たまたま脇を触った時に何だか、前より大きくなってる?

何となく気持ちが悪いので看護師さんに確認(・・)

するとちょっと年配の看護師さんを連れてやって来て私の脇を念入りにチェック!

触るだけでなくじっ~くり観察…

すると。。。

これ、「ふくにゅう」だね(^-^)と。

ふくにゅう????

心配しなくて大丈夫よ~(^-^)たまにある人いるのよ!授乳の時にもしかして張るかもしれないけど冷やせば問題ないから~♪

ふーーん(・・;)副乳…。まあ、よくわかんないけど癌とかじゃないならイイんだけど…

で。。。

この、気になる「副乳」とは……豚とかって一回のお産でたくさん子供を生むから乳首がたくさんありますよね。

人間は進化の過程で退化してしまったらしいですが、その名残?!みたいな感じで複数おっぱいがある人がいるみたいです

場所は色々ですが普通の乳首の下にちっちゃい乳首が並んでたり…脇の人も結構いるみたいです。

私の場合は思いっきりバンザーイして触ったら蚊にくわれた?ぐらいの膨らみがある程度。

乳首とかはなく見た目は ただの脇(^^;)ちなみに、副乳からは母乳は出ないそうです…

へー。新知識。不思議なもん、持ってたんだね、私

すごい無駄なもんだったけどさ。。。

切迫早産入院体験談:妊娠26週 炎症反応陽性

26週きました。着々と、着々と。 ようやく今日、26週に入ったわけですが… 実は、25週に入ってからもヒヤヒヤな一週間を過ごしています (´Д`)

……というのも前回の記事でも触れた綿棒グリグリの検査。あれで、何か悪い細菌が見つかった…と思っていたのですが、なんか、そうではないらしく

「炎症反応」が陽性だったそうです

「炎症反応が陽性」?なに、それ?感染?!

主治医のH先生。

感染して破水するのが一番怖いですからねぇ~

感染に注意しないといけないですねぇ~と、ことあるごとに口にしていました。

感染…感染…感染…そう言われても。。。寝たきり患者の私はいったい何をすれば????てな感じ

ただ、感染が怖い…という意識だけがしっかりと植え付けられてしまった私。

感染した?破水する?そんな不安になった私に向かって追い打ちをかけるように

調子いいなぁ~、と思っていたら陽性反応が出て、破水したっていう傾向が多いんですよ

と。

えぇぇーっ (ToT)!

それ。。。まさに今の私の状況じゃないですか…。最近、調子いいし。陽性反応でたし。

破水する??

その話を聞いて、思わず…「怖い。」と、呟いてしまった私に…

「そうなんです。怖いんですよ~」と主治医。

( ̄○ ̄;)!!

正直すぎます…先生。患者の前でそんなこと言わないでよ…

これまで。。。

お腹も張らないし調子いいです!と言う私に

油断は禁物ですよ…。
油断大敵ですよ…。

などといつも癒し系の笑顔でボソッと私に忠告していたH先生。声のトーンも優しいので…どうも気持ち的に危機感が持てず。

それに正直、毎日ビクビクしながら過ごすの疲れてきたし、あんまり怖いことは考えないでおこう。心配してたってなるようにしかなんないし。って。

でも、そんな話を聞いたら「破水」が目の前に迫ってきた感じで、急に怖くなってしまいまいした。

まだ25週。もう少し、もう少し……いきたい。。。

先生の

怖いんですよぉ~、は私にとって「効果絶大」でした。

( ̄ー ̄)

それ以後。。。これまでダラダラ30分以上かけて食べていた食事もサササッと食べ、すぐ横!なるべく体を横にすることを心がけ、座る時間も一秒でも短く!と、静かに過ごしていたのですが。。。

その夜、少量の出血。。。

何も言われてなければ、これぐらいなら大丈夫かなーって思うほどの量でしたが一応、念のため看護師さんに報告すると…

それ、ください!!と、ナプキン撤収(–;)

口で伝えるより確実なのは分かるけど。。。

ナプキン持っいかれるのって、なんか恥ずかしい…

すると、その後…当直の先生がやって来て、流れるような感覚はないですか?そういう感じがあったらすぐに言ってください!!

と。

翌朝も、その先生がわざわざ様子を聞きに来てくださり。。。

んーーーーー。

ビクビクしているのはどうやら私だけではないよう。

先生方にしてみれば自分が当直の時に私に何かあるのは嫌でしょうからね。

後から聞いた話によると…

この時のナプキンについていた出血で、簡易的な羊水検査をしたら反応があったらしく。。。

ただ、尿やおりものにも反応するみたいなのであんまり意味ないんじゃない?…とも思いますが。

でも、その時に聞いてたら絶対、夜寝れなかったし聞かなくて良かったけど。

それにしても……

気持ちを明るく持ちたいのに周りからの目に見えない緊迫感(;_;)すごい漂ってるんですよね、最近。

気持ちを明るく。なるべく笑顔で過ごしたい

そう思うけど。。。

これじゃ、どうしても不安になる…

そして、昨日の朝。またもや出血してしまいました。

今までで一番多い出血量。。。

ずっと横になっていたのでよく分からないけど…。食事で座っている時に何か出た感覚が。鮮血。。。しかもドロッとした塊もありました。出血がナプキンからはみ出す程。

あーーー(´Д`)

とりあえず。。。飲み薬の止血剤を飲み今朝は出血がおさまっている感じ。

もう、出血しないで。破水もしないで。お願い。

毎日ヒヤヒヤだけど。。。

なんとか今日26週!

祝☆26週!ここまできた!喜ぼう♪♪

切迫早産入院体験談:妊娠27週 新知識。飲酒OK?!

今日27週に入りました!

お腹の張りはまあ、落ち着いていたのですが少量の出血はあの後もちょこちょこあり。。。

週はじめは綿棒グリグリ検査による炎症反応の陽性(–;)

血液検査による白血球の数値上昇(–;)

なんか、いまいちな結果でしたが。それを聞いても結局、今の私ができることは横になってるしかないので、私は先生方を信用して……

とりあえず!破水せずに過ごすことができて、良かった。それが何より♪

ただ…

ちょっと風邪気味です。寝てる時に喉も痛いし、またしても咳が出るので。その度に、腹圧ガンガン!

前みたいにヒドくなると嫌だしな、と毎日心配で…。もちろん、朝の回診時H先生に伝えたのですが…

最近、朝晩冷えますからねぇ~気をつけて下さいね。ふふふふ

と、相変わらず。

体、明らかに弱ってます。。。

数日前の夜中に滴が漏れていて。相当長い時間漏れていたようで気づいた時にはそこら中びっちゃびちゃ。寒っ~て目が覚めたんです。

そんなことぐらいで、風邪なんて弱すぎ…

恐いぐらい弱っている自分。退院してからも心配です。

あと、今週はもう一つ悲しいことが…

あの、一瞬だけ調子の良かった時におりた車椅子の許可。出血があったせいでまたしてもベッド移動になってしまいました

26週入ったらトイレも一人で行っていいよなんて、言われてたのに。

もちろん!そんな話は最初っから無かった??ぐらいにサラサラサラっと流れてゆきました

またしても今、グルグル巻きの生活に逆戻りしています。それどころか、厳戒レベルアップ。

仕方ないけど。出血あったし…。

先生方…ホントに慎重だわー。

あーーー(–;)

ベッド移動の場合、息子との面会は陣痛室になってしまうので、陣痛室がすべて埋まっていると会えないんです

車椅子がOKなら、ロビーのソファーに横になって少しの時間でも会えるのにな…

楽しみに♪楽しみに♪してやっと息子に会える~☆と、朝からワクワクしているのに会えない。。。。

ベッドに縛られ独居房並の生活を送る私には、精神的ダメージがものすごくて…。そんな時は明らかに、暗ーーいオーラを漂わすことに。

陣痛ばかりはいつ、何人くるか分からないですからね…。でも、毎回必ず一人はいるし。。。陣痛ピークの恐ろしい叫び声はさすがに息子には聞かせられないしな…。

いつも、何とか合間をぬって会っているかんじなんです。

ところで。

話は変わりますが先週。助産師さんによるマザークラス(おっぱい編)というものを受けました。

マザークラスに関しては普通の妊婦さんよりかなり早めです。すでに出産モード?!私の場合…確かに微妙ですよね。いつ出産になるか予測不能だし。早めにね、早めに…

でもマザーークラス(おっぱい編)では、ためになるお話をいっぱい聞くことができました

息子を産んだ時はこんなお話もなく…勉強不足だったこともあってあっさりミルクへと移行…というより私の根性がなかったというのが一番の理由ですが。

出の悪いおっぱいに息子も全く興味を示さなかったし。今じゃ、おっぱい星人なくせにー

できたら、今回は完全母乳でいきたい、と思っています。この病院は完全母乳推進の病院なのでこのへんの指導は徹底していてありがたい♪

出産後72時間はせいぜい滲む程度。だから最初の3日間は一番大変だけど、とにかく何回も吸わせることが大切。必ず、少しずつ増えていくから…とのことでした。

産まれたての赤ちゃんの胃袋はビー玉ほどのサイズしかなく量的には、一回の授乳で子さじ一杯飲めればおなかいっぱいなんだそうです。

それから…○○を食べたらおっぱいが出やすくなる、おっぱいが出にくくなる、そういうのは医学的には証明されていないらしく、バランスよく食べママがリラックスして楽しく過ごすのが一番なんだそうです。

そして聞いて一番嬉しかったのが…授乳中っていっさいアルコールはダメ!!と、思ってませんか?

授乳中、一滴も飲めないのってなーんか寂しいですよねー(^^;

そしたら意外にも!コップに一杯ぐらいなら問題ない、とのこと。ただし飲んですぐの授乳は避けること。飲んだら、授乳まで1時間半以上は時間をあけること。

へーーー

ちなみに…カフェインが入ってるからダメ、と思いがちなコーヒーも一日に一杯、二杯ぐらいなら全然問題ないとのこと。

今度はマザークラス(産後編)。楽しみです♪

あ、最後に…

やはり、性別は女の子みたいです☆

ほぼ確定かな(^^;

女の子育児は初めてだし、楽しみだな~

ひさびさのメンタルダウン…ダウン…ダウン…

先日。久々に

どどどーーーん(T-T)と、気持ちが沈んでしまいました↓↓

入院長いとやっぱりくるんですねぇ。こういう気持ちの波

(-_-)もう、ここまできたら無いと思っていたのに。

普通に外の世界で生活していたら感情の起伏とかそーんな 無い方なんですけどね、私。

スイッチが入ったきっかけは…とても些細なこと。

月水金がシャンプー火木土が清拭なのですが、土曜は看護師さんが少ないので「無し」にして欲しい。シャンプーを週二回の計画に変更して欲しい。と言われ。。。シャンプーは今まで通りの曜日で三回がいい、とワガママを言ってしまったこと。

言われた瞬間は…2日間洗えないだけでも不快なのに3日間も洗えないなんて!いっぱいいっぱい我慢する生活送ってるのに。もう、これ以上

ヤダ (*`Д´)ノ!!!

ってな気持ちだったんですが……。

だんだん。。。。。

そーだよね。看護師さんにしてみればシャンプーめんどくさいよねぇ……にはじまり。。。

私って…手のかかる患者なのよね。しかも、ワガママ言ってるし…。迷惑ばっかかけてるし…。油断禁物、とか感染注意とか色々気も使わせてるし…。

と、手を煩わせていることに悲しくなってきて……

(*_*)完っ全にネガティブ思考↓↓↓

その悪のスパイラルから抜け出せなくなってしまいました…。

せめてシャワーいけたら…シャンプー、清拭、おしも洗浄がなくなり、もうちょっと手のかからない患者でいられたのかな。

そして、悲しみの種がどんどん、どんどん違う方向に飛んで行き

↓こっから どうでもいいワガママ長いです

シャワー浴びたーーい!!おしも洗浄やだーーー!!点滴、腕も血管もボロボロだし、閉塞アラームぴーぴー夜中に何回もうるさくて寝れないし、暑いから、寒いからってパジャマも自由に着替えられないし、コードがすぐ絡まって針が腕に食い込むし、何回も何回も針刺されて、痛いしやだーーーーーーーー!オシッコの管。。。寝返りうてないし管が突っ張って痛いしすんごい邪魔だし管の交換も痛くて、恥ずかしくていやだーーーーーー!狭い空間で寝てるのもやだーーーーーー!歩かせてもらえないのも自由に外が見れないのもやだーーーーーー!もう、全部やだやだやだーーー!早く時間過ぎてーーーーーーー!

うわぁぁ~~~ん

と、一人でぐっだぐだな気分になって涙が溢れてきて……。

そんなタイミングで突然K先生登場!

オーマイ ガ~( ̄□ ̄;)!!

一人で泣きたかったのに見つかってしまったー。。。

まー、先生もビックリ…でしょうけど。先生はど~した~??と優しく声をかけてくれ

なんでもないです(*_*)

と、明らかに「なんでもある」私に気をつかってか

お薬入れるの後にする??と、紳士的に去って行きました…

とりあえず、一人にしてくれたことが嬉しかった。。。

その後、心配してくれた看護師さんからお手紙が。。。

いつも赤ちゃんのために頑張っていてくれて、ありがとう。ママをたくさん笑顔にできるようにスタッフ一同頑張ってます。良い夢いっぱいみれます。あと、一息!ファイト!!

みんな優しすぎる~~~

ありがとう。。。

その夜は少し尾を引きましたが…関わってくれているみんなのためにも元気に頑張ろう!と勇気がわきました

翌日には、元の私に。

ホントに感謝です。。

切迫早産入院体験談:妊娠28週 脱獄と確信

今日とうとう28週に入りました!!

8ヶ月♪♪♪♪(^o^)/

最初はこんな先までこれるなんて!ホントに思えなかったです。17週で危ない状況になった時に

なんとか28週いきたいなぁ。。。って、厳し~い顔してH先生が言ってたんですよね。

あの時は贅沢言わないから22週……って私は思ってて。

それさえ、まだまだ先で気が遠くなるぐらいだったから、28週なんて……。

想像できなかったです。

長期になる覚悟はあったけれど、普通のママみたいに3日に1回のシャワーとか、トイレぐらいは自分で行けるレベルの「人間らしい」安静生活を過ごせると思っていたのに。

突然、こんなふうに数々の管につながれて…おしも洗浄とか清拭とかお世話されることとなり、全ての自由を奪われて。全ての景色を奪われて。

こんな生活続けたら赤ちゃん産む前に心 病むな。と、「本気」で思ってました。

今も時々…カーテンに囲まれてるとそんなふうな気持ちに陥っちゃうんですけどね。

そうやっていろんな心の波を乗り越えて……

夢の28週到達♪♪♪♪

感無量です

ゴールじゃないんだけど、そんな勢いあるぐらい嬉しい☆

でも…入院当初の私を知っている何人かの看護師さんに「正直、ここまでくると思わなかった~」と言われちゃいました。。。

みんな本音はヒヤヒヤだったんでしょうね。

ここまできたからには9ヶ月まで、いきたいな~

油断せずに頑張ろう!!!

さてさて。最近の様子ですが……

体の調子はいいです!と、自分では思っています。お腹は張らないし、出血もないし。いい感じで一週間過ごせました。そして、昨日の面会では車椅子の許可も下りました♪

やっと、ちょっとだけゆるめてくれた感じです☆ そして、なんと!トイレも一人で「歩いて」行けました~

でも、実は…トイレに一人で行っても良いという許可は出ていないのですが…。OKがでたらいつでも一人でトイレに歩けるように!寝たまま出来るトレーニングで毎日、足を鍛えていたのです

ずーーっと歩いてないし自分が歩けるのか、歩けないのかそれを確かめる機会さえなかったのですが…先日、その機会が。

トイレに行きたくなったのでナースコール。でも1分、2分、3分たっても来ない!

ナースコーール!!(二回目)1分、2分、3分…

来ないっ!!

ナースコール、三回目!!!と思った矢先…ガラガラ~と手術が終わった方がベッドごと病室に運ばれて来ました。

この時間帯…明らかに手薄で、みな忙しそう。私の うんち に付き合えそうな方は見当たらない感じ。

ナースコール(三回目)??

それとも……一人で行ってみちゃう?

天使の私と悪魔の私。一瞬の迷いはありましたが……あっさり、悪魔の私勝利

だって、もれたらイヤだし、すぐそこにトイレがあるんですもん!このまま看護師さん待ってたらお腹痛くなるし、看護師さんも忙しそうだし、こんくらいの距離、大丈夫でしょ。

点滴棒をコロコロしながらゆっくり、丁寧に~~

一歩、二歩、三歩

無事トイレに到着して超リラックスして用を済ませ堂々と病室へ。

帰り…看護師さんの視界に入った??感じだったのですが忙しくてか、気づかれず。

気分的には脱獄に成功した囚人…。

この「挑戦」で!トイレまでの短距離なら車椅子より、むしろ歩いた方がお腹や子宮口に負担がかからない!と、「実感」しました。

トイレまでの車椅子。。。点滴棒を自分の手で持って転がしながら車いすに乗ると、腹圧かかるんですよね。トイレの入口も狭いくて立ったり座ったりとかの負担もあるし。

だから、トイレまでの短距離ならそぅ~~っと歩けば絶対こっちの方がイイ!!お腹 張らない!!ということが分かりました。

だけど、残念ながら。。。

先生!歩いてみたら余裕で歩けた!ゆっくり歩いた方が、車椅子より腹圧全然かからなかった!

と、この大きな喜びと発見を彼らに報告できないのが悲しい…

脱獄での確信ですからね。。。

これ言えたら絶対トイレOKなのにな。はやく一人で、歩いて、行きたい(T_T)

一回脱獄できたことで短距離なら歩ける!とちょっと自信もついたし、28週入ったし、さすがにご褒美が欲しい。

トイレ、明日にでも先生方に直訴してみようかと思っています。

ちなみに今朝・・・なんかご褒美くださいとK先生に言ったら

歌ってあげる♪と…

そんなのいらないから、トイレ一人でさせて!

そうそう。28週(8ヶ月)に入ったので主治医と、旦那サンと、私でお話をしました。これまで「油断禁物」とベッドに私を縛り付けていたのに、なぜか「車椅子に座った状態」で20分ほど面談が行われ……

ガッチガチにお腹が張りました

( ̄▽ ̄;)先生、矛盾してるよぉぅ(泣)今までで、一番きつかった。。。息するのもやっとなぐらいパンパンでした。

話の内容は…。28週に入ったので、とりあえず「赤ちゃんの生存」という面からみれば一山越えた…と

ただし「後遺症・障がい」という面から見るとまだ安心できる域ではない…とのことでした。

33週に入れば脳の血管とかもしっかりと発達し酸素が十分にいくようですが。

そうかぁ、33週ね。まだ、遠いな…。

れだけ長く頑張っていると…早く赤ちゃんに会わせて!もう、赤ちゃんを抱きたい!と、弱気になってしまう私

こんな制限のきついまま…無理!!!先生!このままの生活じゃ子供産む前に、私 心病むんで33週入ったら切って下さい!…と言うと

うまくもってくれるなら36、37週ぐらいまでいきたいですよねぇ~ふふ。と先生。

いつの間にか、すんごい「欲」がでてきてる…。

先生はそうだよね、私の一日という時間の苦悩など分かるわけないのだから…

33週いけば私も欲が出てくるかな…。今は考えられないけど。

これまで28週を大きな大きな目標にしていた、わたし。マラソンのゴールにしちゃってたんですね。

でも実は、いざ到着したらゴールはまだまだ先だった…みたいな。気持ちのペース配分を間違えてたか私。

でも、やっぱり一日でも長く赤ちゃんをお腹の中で大きくしてあげたいしな~

母はまだまだ走る覚悟をしなくては!!

何とか もって下さい。私の羊膜

今週もきっと…気持ちの大波小波はあるだろうけど頑張ります!!!

切迫早産入院体験談:妊娠29週 カップラーメンに撃沈…

今日で29週です♪

先週も頑張って進みました☆

そうそう!大きな進展がありました。

主治医のH先生にトイレの「直訴」をしました。

そして…やっと、やっと、や~~っとトイレへ自由に行けることとなりました!

これ。読んでる人は大したことないじゃん…と、お思いのことでしょう。

いやいやぃゃぃゃ。この厳戒体制の中にいる私にとっては。ものすごーーーーく大きな意味のあることなんです!!

文字だけじゃ、ほんっと伝わらないとは思うのですが…

四方を壁に囲まれた牢屋に冤罪で投獄されていた善人があなたは今日から「自由」なんだよ。。。と、お上に告げられた…それぐらいの喜び!!!

そして精神的な呪縛がしゅるしゅるしゅる~とほどけた解放感!!!

そんな感じなんです。

許可が下りて、すごーーく気持ちが楽になりました。

多分、最初からお腹が張ってない時は自由に行っていいよ!それ以外の時は車椅子で…とか言われていたらこんなに苦しい思いをしなくてすんだのだと思います

自分の体調次第で自己判断させてもらえる…そういう「心の余裕、ゆとり」みたいなのが欲しかったんだな……って。

赤ちゃんのことを思っているのは他でもないこの私なんだから!ワガママや無理な行動をして後悔なんて絶対したくない!

だから、発作以外の平常な時は一人で行ける!大丈夫!!この距離ならナースコールして、看護師さんに車椅子乗せてもらって…そんなことをしてるぐらいなら歩いた方が絶対お腹に負担がかからないはず!!

そういう自分の「確信」があったにもかかわらず

理解してもらえない…試すチャンスさえ与えてもらえない…そういうのが精神的にすごく苦しくて

ぎゅぎゅうに絞められてるのが辛かったんです、私。

母体がこんなストレス抱えて過ごしてて…胎教にいいわけないよって

とはいえ先生たちは歩くのが一番タブー!!と信じてるし、意識失って倒れてるし(…そこは消せない事実)

発作以外の時は大丈夫!!って、どんだけ主張されても心を鬼にして、ダメーーっ!!って慎重になる気持ちも分かるんですけどね。

何かあったら、取り返しつかないし。

とにかく。トイレの許可が下りたことで、これまで同様カーテンに囲まれたベッドでの厳戒体制には変わりないのに

ふぅ~~~と心のロープがほどけて、ベッドに隙間風が届くようになりました。

トイレなんて、2日~3日に1回。時間にしたって、せいぜい3分…そんな程度ベッドから自由に出られるだけなんですけどね。人間の心理って、不思議。

トイレの許可が下りてから先生や看護師さんたちに「どーお?変わりない?」と、何回何回も聞かれ、かなりのプレッシャー

もし、このタイミングで運悪く破水したら!!それ!みたことかーーーっ!!って言われるよねぇ。そう思ったら。。。

どうしよ~怖いよ~と、違う意味でドキドキ。妙に緊張して過ごしてました

脱獄した時よりも、むしろ慎重ーーにトイレへと行く相変わらず、小心者な私…。

あと、じつは金曜の夜にまた出血がありました。

このタイミングでの出血…。

また自由を奪われる……牢獄に放り込まれる……そんなの、絶対やだ。警戒心もあって、一瞬報告しないでおこうかな、と思ってしまいましたが

やっぱり不安なので正直に報告。

出血のあった時、胃液が気管支に入ったのかすごい咳込んでしまって、相当 腹圧かかったんだと思います。

実は、その日の夕方。早めに病院に来てくれた旦那サンと夕飯をチェンジ!もう入院食は飽き飽きしてて…

ジャンキーな物を食べたかった私は念願のカップラーメンを食べ♪ティラミスを食べ♪ポッキーを食べ♪久々に大満足&満腹で 就寝 zzz…

そしたら夜中……突然、激しい胸焼けが

いつも夜は胸焼けで苦しいのですが、この時は胃液みたいなのがすごい勢いで大量に しゅーーって上がってきて……

呼吸と同時に吸い込んだのかすごい腹圧をかけて激しくゲホゲホゲホォ~と。

その瞬間パシャッと何か出た感覚…。

正直、「破水」かと思いました…

おそるおそる確認して…血かぁ。。。

破水じゃなかった安堵感……の直後

血だぁ!!!( ̄□ ̄;)!!

それはそれで 大きなショック……またかぁ。

当直の先生に腹部エコーで確認してもらうと、羊膜が飛び出てきているようなこともないし胎盤から出血しているわけでもない。どこか粘膜から出たんじゃないか?とのことでした。

ほっ。。。

でも、咳き込んだだけなのにすごい量の出血。咳の瞬間に出血したことを伝えると…

風邪ですか?と聞かれ

あ、はい…と私。

カップラーメン食べてせき込みました…とかは言えない。

ちーーーんと静かに過ごしたのに。まさか、こんなことで出血とは。なんか「ツメ」が甘いな、私。

突然のカップラーメンに私の弱った胃腸もびっくりしたのかも。しばらく控えようと思います。

それから、もう一つ。静かに静かに過ごしていた理由があります。

炎症反応の数値が正常値まで下がったらしいのですが、先生方によると…

前に一度 炎症反応が上がったということは、何らかの菌が悪さをして「赤ちゃんを包んでいる膜がもろくなっているであろう」とのことでした。

そして、一度もろくなった膜は

修復しない!!

そうです。

ガーーン( ̄□ ̄;)!!

だから私の羊膜はずっとモロイまま。つまり今、炎症反応の数値が正常値だったとしても、いつ破水がおきてもおかしくない状態…は今までと何ら変わらないわけ。

破水の可能性は常に高いのね、結局…

28週きたとはいえここまで頑張ってきたんだもん!やっぱ まだ破水したくない。

そりゃ、できればシャワーだって浴びさせてあげたいけどさ~と、今回は静かに絞めにくるK先生。

そっか。。。

シャワーしたい!とかしばらくは、言えないね。

トイレのOKが出たら、次はすぐにシャワーの直訴しようかな、と安易に考えていたのに…。

ずぅーっと続くのですね。

だから。心を引き締め

ちーーーーん(ーー)だった私。

まだまだ続く、緊張感。やはり、時間かぁ。

一日一歩。

ゆっくり、確実に、ね。

原点に戻った私でした

切迫早産入院体験談:妊娠30週 大出血。肺機能UPの注射…

今日で30週代に突入☆嬉しいです!!

でも、じつは……

今日のブログ、更新できて良かったぁーな心境なのです。

おととい金曜日の昼過ぎまたもや大出血してしまって

だから今も「ヒヤヒヤ」は継続中

最近たびたび起こっている出血。その度に量も増えてきてるので…毎回、ぎょっとします

今回はナプキン一枚 真っ赤っ赤…

お布団にまで漏れるぐらいダーっと流れてきました

主治医のH先生もK先生も幸いオペ中ではなかったので、すぐに内診室にて診察。

その時には流れ出てる所は見あたらないとのことでした

赤ちゃんも重くなってきているし血管にちょっと重みがかかるだけで出血するみたいです。

そんなんで、こんなに出たのぅ?

今回の出血の原因はトイレかな、と自分では思っています。

いつものトイレでは前傾姿勢で 膝をちょっと広げてその上に肘を乗せて…高校野球のお兄ちゃんがベンチで座ってるようなスタイルみたいな…

それが一番子宮口に負担がかからず楽な体勢なんですが、こないだは狭いトイレしか空いてなくて。

普通に座った状態でしてしまったので圧が直にかかったのかな…と。

と言っても、そんなに腹圧かけたわけじゃないのに。やっぱり出血しやすい状態になっているんですね

これから赤ちゃんが大きくなったらもっと出やすくなってしまうかも…。こんな事が何回も続いたら貧血になっちゃう。

慎重に慎重に 行動しなくては。

今までは出血があってもなにもせず……で切り抜けてきましたが

今回は 赤ちゃんの肺機能を成熟させる注射を打つことになりました。

赤ちゃんが今出てきてしまっても自力で呼吸が出来ないですからね。

でも、そんな注射を打つと聞いて、一瞬。。。赤ちゃんの肺めがけて長ーーい針を刺すイメージが頭をよぎった私。

ど、どこからどこに刺すの??

( ̄□ ̄;)!!ドッキドキしましたが、私の腕(肩近く)に、筋肉注射をおとといと昨日、二日にかけて打ってもらいました。

ママの腕に注射を打つのに「赤ちゃんの肺機能が成熟する」って何だか不思議な話。

私達、ちゃーんと繋がっているのね…

にしても注射ごときで肺機能が成熟するって!すごいなぁ~☆魔法の注射

この注射、打って24時間後にいい感じで肺が成熟するらしいです。

だから今日の3時過ぎればバッチリ!!いつ産まれてもOKな感じ?!

って……まだ、やだな。

先生方の中では、この週末あたりに破水する??って危機感があったのかしら?だから注射打ったのかな…。

もう30週入ったしね。よくここまでもったっていう本音もあるのかも。

でも、私の本音は…しつこく、まだいって欲しいと思ってますけどねー

帝王切開する心構えもできてないし。

なんだかんだ言いながらもここまでこれてるし、こんなに血が出てても意外とまだまだいける~?!ってヒヤヒヤしながらもなぜだか根拠のない自信(笑)

入院して、3ヶ月。。。

ヒヤヒヤな道のりを何とかこれまで乗り切ってきた私…

ちょっと図太くなってきた?!

ゴールも見えてきたしね。ちょっと余裕が出てきたかな。

話は変わりますが……

おととい出血した後、いつもよりお腹が張って、ずっと1A20ml/hでキープしていたルテオニンの数値が25にupしました。

大したことない変化なのに、私の体は何故か敏感に反応

いっきに体調が悪くなって胸焼けもひどーーくなって。おとといからゲロゲロです

夜はほとんど寝れてないので、今日はぐったり

昼間の面会では息子から励ましのメッセージをもらい♪K先生にエコーしてもらい♪元気をもらった私でしたが…

病室に戻った瞬間現実に引き戻された

(T-T)

今晩もゲロゲロかなぁ。。。

おえぇ~~ってなって破水しないことを祈ります。

切迫早産入院体験談:終わり

上のブログが、結局最後の更新となりました。

出産は、妊娠30週3日。

出産となった当日のこと、出産となった当日の思いについてはこちらからの記事に書いています↓

切迫早産で入院3か月。長かった入院生活の終止符~出産当日の思い~ ご訪問ありがとうございます。 切迫流産で自宅安静。 妊娠16週から約3か月の管理入院を経て、緊急帝王切開にて娘を出産したひ...
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

HOME